• ホーム
  • 家を建てるにはお金がかかる!知らなきゃ損する諸費用のイロハ

家を建てるにはお金がかかる!知らなきゃ損する諸費用のイロハ

高級なマンション

家を建てる時にかかる費用は、建物や付帯工事だけではありません。ここでは具体的にどんな費用あるかご紹介します。

住宅ローン保証料:住宅ローンを組む時に、かかる手数料や税金などの費用です。通常住宅ローンを組む時、金融機関から借り入れますが、多くの金融機関は住宅ローン保証会社との契約を、条件としています。その時に発生するのが住宅ローン保証料です。連帯保証人の代わりとしての役割も果たしています。

引っ越し費用:古い家から新しい自宅に移る時、引っ越しする必要が出てきます。また家を建てている間、一時的に他の場所に住む場合も、引越し費用がかかります。自分で荷物を運べばコストを抑えられますが、大きな家具を運んだりする場合は専門業者に依頼する必要が出てきます。引っ越しに伴い家具や家電を購入する場合は、その分が引っ越し費用としてかかります。

司法書士報酬:住宅ローンを借り入れする時、司法書士は抵当権設定当登記を行いますが、司法書士報酬はその時にかかる費用です。料金にはばらつきがありますが、相場は数万円から10万円ほどになります。

地震保険料:地震によって被害を受けた建物や車、有価証券等に適用される地震保険に支払う料金です。例えば住宅ローンで注文住宅を購入し、その直後地震によって倒壊した場合、補償を受けられるようになります(ほとんどの場合上限つき)。地震保険料は地域や建物の種類によって差がありますが、東京都の相場は年間2万5千円(鉄筋コンクリート)です。特約をつけることで補償内容がより充実します。

火災保険料:火災や落雷によって家が損壊した場合に適用されるのが火災保険です。火災保険料は、住んでいる地域や住居タイプで変わってきます。木造一戸建ての火災保険料の相場はおよそ年間6万円です。

家具や家電などの購入費:新居に合わせて新しい家具や家電を購入する場合、注文住宅建築に関連した諸費用になります。購入するものが多くなればなるほど費用も多くかかりますので、予算として組み込んでおいたほうが無難です。

登録免許税:購入した住宅や土地の所有者として法務局に申請しますが、その時に発生するのが登録免許税です。税率は登記する種類によって異なり、住宅ローンを借り入れるときにも課税されます。

印紙税:住宅ローンを借り入れる時や、住宅を購入する時に印紙税がかかります。税額は購入金額によって変わり、例えば5千万円の家を購入した場合は、その売買契約書にかかる印紙税は6万円になります。印紙税は契約書に貼付するかたちで納税します。

家具や家電、その他日用品と言った購入費なども入れると、細かい部分でいろいろな出費があることがわかりました。家を建てる時の予算は、諸費用についても、できるだけ細かく把握してから立てることをおすすめします。

関連記事
理想の注文住宅はハウスメーカー選びから!基準となる住宅展示場の見方 2019年10月25日

ハウスメーカーは、いろいろなライフスタイルを想定し、そこからデザイン性や機能性を重視した住宅を提案していきます。専門的な知識と経験からより良い住宅を造るため、予想以上の住宅に出会える場合もあります。実際に完成した家があるので、自分たちの注文住宅の完成図もイメージしやすいというのがハウスメーカーのメリ...

モデルハウスは見るだけじゃない!宿泊体験もあるんです! 2019年11月11日

モデルハウスと言うと、家を見学するというイメージがありますが、ハウスメーカーによっては宿泊体験サービスを提供しているところもあります。そこでは、単に室内を見るだけでは得られないことが体験できるので、宿泊体験可能なモデルハウスに関しては、積極的に参加してみてはいかがでしょうか。宿泊体験でのチェックポイ...

標準装備にこだわる一条工務店の評判を調べてみた! 2019年10月06日

一条工務店は、東京都江東区と静雄家感浜松市を中心に事業を展開する住宅メーカーです。家の性能にこだわり、その技術は業界トップの高水準。地震に強い家造りを目指し、免震住宅について実験を繰り返し、ハイブリッド免震構法を確立しました。このハイブリッド免震構法を用いた住宅が建設され、そのシェアは拡大しつつあり...

知って得する注文住宅を建てる予算の決め方! 2019年09月09日

注文住宅を建てるには、建物本体・付帯工事・諸費の面で費用がかかります。住宅建設の総予算を出すには、頭金と住宅ローンを参考にします。頭金は貯金額でだいたい決まりますが、全てを使い切るのではなく、建築後にかかるお金を差し引いた分にすることが、無難です。例えば住宅を建ててから家具の購入を予定していたり、将...