• ホーム
  • 知って得する注文住宅を建てる予算の決め方!

知って得する注文住宅を建てる予算の決め方!

きれいな街

注文住宅を建てるには、建物本体・付帯工事・諸費の面で費用がかかります。住宅建設の総予算を出すには、頭金と住宅ローンを参考にします。頭金は貯金額でだいたい決まりますが、全てを使い切るのではなく、建築後にかかるお金を差し引いた分にすることが、無難です。例えば住宅を建ててから家具の購入を予定していたり、将来子供の大学入学を控えていると言ったライフプランがある場合は、その分を残しておく必要があります。突然の事故や病気に備えて置くことも考慮しておくとよいでしょう。

注文住宅の購入にほとんどの人が住宅ローンを利用します。住宅ローンは長期返済が前提で、借入額の相場は年収の7倍、返済額の相場は、年収の25%以下と言われています。これらの数字を参考にして、無理のない数字を算出することが無難です。どのくらいの返済額を設定したらいいか、シミュレーションしてみます(数字は四捨五入したおおまかなものです)。例えば年収800万円の場合、年収の25%以下は200万円です。200万円を12ヶ月で割るとおよそ1万7千円になり、これが月々の返済額になります。住宅ローンを35年間にすると、借入額は17万千円x12カ月x35年で約7千円です。これに頭金を加えた額が予算になりますが、頭金として1千万円捻出できるとすると、上の例では総予算は8千万円になります。さらにシミュレーションすると、建物本体の費用を7千万円、付帯工事費として500万円、諸経費500万円という風に予算を振り分けていくことが出来ます。

予算をざっくりと振り分けすることは簡単ですが、実際にしてみると面倒な部分も出てきます。たとえば建物本体の費用と一口に言っても、基本工事・外壁工事・内装工事など細かく分類されます。ある程度予算をしっかり作成しておかないと、見積もりを取ったらかなり差が出てきてしまった、ということにもなりかねません。ファイナンシャルプランナーなら、住宅購入予算の計算からライフプラン表の作成を行ってくれるので、より正確な数字を出すことが可能になります。また長期返済となる住宅ローンに対して、抱えている将来の不安などについても相談に乗ってくれるでしょう。ファイナンシャルプランナーは通常無料で利用できます。どうしても上手く案がまとまらないという時は、こうした専門家に依頼してみてはいかがでしょうか。

予算が大体決まったら、どこに建築を依頼するかという段階に進みます。住宅の施工はハウスメーカーまたは工務店ですが、設計を建築設計事務所に依頼すると、その分費用がかかります。また、ハウスメーカーにするか工務店に依頼するかでも費用は変わってきます。複数のお店をピックアップし、見積もりについて比較検討してみると決めやすくなります。

関連記事
2050年には常識になっている?未来を見据えたLCCM住宅とは 2020年03月11日

LCCM住宅は、ライフサイクルカーボンマイナスの略で、日本が目指す理想の住宅として注目を浴びています。家には建ててからそこに人が住み、古くなり取り壊すというライフサイクルがあります。各ライフステージでは二酸化炭素が発生しますが、その発生をできるだけおさえようと考案されたのがLCCM住宅です。省エネを...

新しい家は狙われやすい?!家を建てる時に盛り込むべき防犯対策 2020年02月03日

新興住宅地など新築の家は空き巣に狙われやすいと言われています。こうした場所は、工事をする人や営業マンなどいろいろな人達が出入りするため、不審に思われる可能性が低いからです。加えて工事に支払うため現金を置いていることが多く、新築の家は空き巣に狙われる確率が高くなります。空き巣から家を守るため、防犯対策...

見落としがちなトイレの快適な配置方法とは? 2019年12月25日

住宅には欠かせないトイレの配置を、ついつい後回しにしてしまう人も多いのではないでしょうか。理想的な位置は、各階設置で利用者がアクセスしやすい場所が良く、リビングなど人が多く集まる場所でも水を流す音などが聞こえにくい場所になります。各階設置はトイレに行きたい時に移動する手間が省けて便利です。もし2人が...

理想の注文住宅はハウスメーカー選びから!基準となる住宅展示場の見方 2019年10月25日

ハウスメーカーは、いろいろなライフスタイルを想定し、そこからデザイン性や機能性を重視した住宅を提案していきます。専門的な知識と経験からより良い住宅を造るため、予想以上の住宅に出会える場合もあります。実際に完成した家があるので、自分たちの注文住宅の完成図もイメージしやすいというのがハウスメーカーのメリ...

生活の基本となる新築の電気工事について 2019年11月26日

新築の電気工事は、住宅の配線や照明を設置するために行われます。この工事には、設置する照明や目的別に、配線工事や照明機器工事、空調工事そして通信関係工事など複数の種類があります。工事の主な流れを契約前から契約後にかけて説明します。まず初めに専門家による現地調査が行われます。木造とRC造の家では配線の方...